敦賀西ロータリークラブのホームページへようこそ

敦賀西ロータリークラブ
会長あいさつ
2020-211長川会長


ごあいさつ

2020-2021年度

敦賀西ロータリークラブ

会長 長川 昭治
クラブテーマ「つなげる ひろげる ロータリーの架け橋」

 2020-2021年度 ホルガー・クナークRI会長テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。機会は日本ではよくチャンスと言いますが、クナーク氏のテーマを英語で表記すると「Rotary Opens Opportunities]となっています。「Opportunity」とは自分から持とうと思った機会で、チャンスは偶然性の機会で区別されています。意志を持って人生の機会の扉を開いていこうというテーマに沿って、今年度は積極的にロータリー活動に関わって頂ければと思います。


 また、2650地区 松原六郎ガバナーの地区スローガンは「ロータリーの原点に返る 誠意をもって語り合い、勇気をもって共に未来へ」とされました。理由は新型コロナウィルスの影響もさることながら、ロータリーを取り巻く環境が大きく変わってきたことにあるとされています。今こそ設立時の原点に返って考えていくことが必要だとも述べられています。


 そこで、敦賀西ロータリークラブも創立から18年が経過し、チャーターメンバーの会員数も減少してきました。これから20周年、30周年と敦賀西ロータリークラブが発展し続けるには創立の精神を尊重しクラブ設立の原点に返って、これからも永くより多くの人に受け継ぎ、広げていくことが重要であると考え、2020-2021年度 敦賀西ロータリークラブのテーマは


 「つなげる ひろげる ロータリーの架け橋」といたしました。


 主な活動方針としては

 ・身の丈に合わせたクラブ運営を実行する

 ・クラブ事業の選択と集中

 ・楽しく学べる例会運営

 ・会員増強にクラブ一丸で取り組む


 最後に吉田松陰の「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。」という言葉があります。今年度はこの言葉のように敦賀西ロータリークラブが大きく発展していく夢を持つ1年間にしていけたらと思います。

2020-21年度 RI テーマ

国際ロータリーテーマ

»もっと見る

2020-21年度 第2650地区

 

地区スローガン

「ロータリーの原点に返る」

誠意をもって語り合い
勇気をもって共に未来へ

»もっと見る

四つのテスト
-言行はこれらに照らしてから-

1.真実かどうか

2.みんなに公平か

3.好意と友情を深めるか

4.みんなのためになるかどうか

クラブ概況

クラブバナー

2020-21年度 会長 長川昭治

»もっと見る

ページのトップへ戻る